遺産相続.com

遺産分割協議書の作成

相続が開始されたら、遺産の分割について相続人同士で話し合い、話し合いがまとまれば遺産分割協議書を作成する必要があります。

遺産の処分や登記の必要のない場合は必ずしも遺産分割協議書の作成が必要というわけではありませんが、遺産分割協議書を作成していない限り、相続人の一部がまとまった遺産の分割方法について不満を言い出せば、せっかくの話し合いが振り出しに戻ってしまいます。

「もめているわけじゃないんだから遺産分割協議書なんて物々しい・・・。」

そうおっしゃる方も少なくありませんが、もめていない今だからこそ書面に残しておくべきなのです。もめてからでは遅いのです。もめてしまってからでは協議書の作成は出来ません。折り合いを付けるには裁判しかないという状況になってしまうのです。

損をしない遺産分割協議書の作成

では、遺産分割協議書を作成してしまえばそれで万事OKでしょうか。

例えば遺産の分割の仕方によっては、相続人の全員が損をしてしまうという様な最悪の分割というケースもあり得ます。せっかく遺産分割協議書まで作ろうというのですから、どうせなら全員が納得のいく相続にしませんか?

遺産分割協議書の作成の前に、どう分割すれば良いのか困っている。

そういう方も多いことでしょう。

遺産分割協議書を作成しない理由として、先に書いた様な理由の他に、「遺産分割協議書まで作成するなら、もう少しきちんと分割方法を考えたほうが良いのでは?」という心配も多いようです。

つまり、遺産相続は、もめた場合はああでもないこうでもないとあれこれ思考するのですが、もめていない遺産相続については『相続人全員が深く考えていない』というケースも多くあります。そしてその結果として、相続人の中の誰かが次に亡くなった時、遺産相続はさらに複雑なものとなり、次の相続は『争族』となってしまうのです。

遺産相続は、きっちりとした解決を後に延ばせば延ばすだけ複雑になってもめる原因となります。少しでも早いうちにスッキリしてしまいましょう。

遺産分割の第一歩は法定相続割合の確認から

遺産分割の話し合いの前に、まず法律上の権利として、それぞれの相続人がどれだけの権利を持っているのか、その法定相続割合を確認することが重要です。

誰がどれだけの法律的な権利を持っているかを確認することで、誰がどの部分において譲るか等、全員が納得のいく分割方法を模索するための叩き台を作ることが出来ます。

法定相続割合による分割を基本として、遺産の状態、相続人の状況等に応じて修正を加えていくのがスムーズです。法定相続割合を把握しないで分割方法を決めることは、後のトラブルを招く原因となります。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留