遺産相続.com

遺言書の作成

自分に万が一のことがあった時、残された遺族が遺産をめぐって骨肉の争いを繰り広げる・・・。

これだけは避けたいものです。

そのためには遺言書の作成が欠かせません。被相続人にとっては遺族は全員大切な遺族ですが、それぞれの遺族には、それぞれの別の家族がいたりもします。

「長男と次男は仲が良い。それは今での変わりない。だから相続でもめるなど・・」

そう思いたい気持ちはわかります。しかし長男にも次男にも奥さんがいるとなれば、事は兄弟間の話し合いで済まないのが遺産相続です。

子供の教育費に頭を悩ませているような時期に相続が開始されたら・・長女の嫁ぎ先の商売が思わしくなく銀行から差し押さえ寸前の状態・・

遺産相続の話し合いを困難にさせる状況はいくらでもあります。お金に余裕があって欲のない人たちばかりなら良いのですが、余裕のない時に遺産相続の話が持ち上がると期待してしまうのが人間です。

こうした欲の張り合いを未然に防止して冷静にするのが遺言書なのです。

損をしない遺言書の作成

とは言っても、せっかく作った遺言書が遺族をもめさせる原因となることもよくあることです。

遺言書を作る人にとっては良かれと思った内容でも、相続人にとって必ずしも嬉しい内容であるとは限りませんし、他の相続人から反感を買うほど誰かに有利な遺言書を作るのも考えものです。もし誰かの反感を買うことが予想される場合には、反感を恐れて有利に取り計らった相続人が権利を放棄することも考えられます。相続人全員が合意すれば遺言書の内容と異なる遺産分割をすることも可能だからです。

そうした特定の人に有利になる遺言書を作成する場合、特に細心の注意を払って遺言書を作成する必要があります。

また、場合によって遺言書の通りに遺産分割を実行すると相続人全員が損をしてしまうという様な不幸な遺言書もあります。

遺言書の作成の第一歩は相続税の判断から

相続税の掛かる相続においては、相続税も意識した遺言書を作成する必要があります。この場合にはやはり税理士へ相談の上で、遺言書の作成と同時に相続税対策も取っておくのが良いでしょう。

ただ、実際に自分が死亡した時に、遺族に相続税が掛かるのか掛からないのか、その判断自体素人には難しい場合もあることと思います。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留