遺産相続.com

遺産相続でもめない心得

遺産分割でもめないための唯一の手段は、お互いが譲り合いの精神を持つこと。これ以外にはありません。

自分が少しでも有利になるような法律や制度を活用し、少しでも自分に有利になるように遺産相続を導く。弁護士を活用し、自己の権利を最大限に主張していく。裁判をも辞さない覚悟で自己の権利は死守する。それも一つの選択であるかも知れません。ただ、遺産相続のもめ事の多くは、法律だけで解決するものではありません。多くのもめ事は「気持ち」の問題であると言えます。「負けるが勝ち」「損して得取れ」等の諺もある通り、譲り合いの気持ちをお互い持って、後の人間関係を優先する方が、結果として得をするという事はいくらでもあることと思います。

もちろん、法的に自分にどこまでの権利があるのかを知っていなければ、譲ることも出来ませんし、お互いが損をする相続という事にもなりかねません。遺産相続は財産の取り合い・奪い合いではなく、故人からの最後の教育です。故人の気持ちを無にすることなく糧とするような相続を心掛けましょう。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留