遺産相続.com

相続人・相続割合 〜配偶者と子・孫等が相続人の場合〜

配偶者は常に相続人になります。(民法890条)

相続人が配偶者と子・孫の場合については、配偶者が2分の1、子・孫等の全員の合計が2分の1となります。子・孫等は2分の1をさらに分け合う形となります。

子・孫等の相続人

子・孫等の相続人については、まず原則として子が相続人です。被相続人の死亡よりも前に子が先立っていた場合、その先だった子に既に子がいる場合、その子つまり被相続人の孫が代襲相続(別窓用語集)することになります。

子・孫等の相続割合

基本的に子同士の相続割合は均等分します。ただし非嫡出子(別窓用語集)嫡出子(別窓用語集)の2分の1とされています。例えば嫡出子が2人と嫡出子が1人の場合、配偶者が2分の1、嫡出子はそれぞれ5分の2ずつ、非嫡出子は10分の1の割合で相続することになります。

遺産相続事例 〜配偶者と子・孫等が相続人の場合〜

具体的な家族構成を例に挙げて、実際に相続割合を計算します。

配偶者と子2人

配偶者と子1人と孫2人

配偶者と子3人(嫡出子2人と非嫡出子1人)

配偶者と子2人(実子と養子)

内縁の妻と子2人

家族構成は多種多様です。全ての例を挙げることは出来ませんので、上記の例で判断できない方は個別に専門家にご相談ください。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留