遺産相続.com

相続人・相続割合 〜配偶者のみが相続人の場合〜

配偶者のみが相続人なのですから、もちろん配偶者が遺産の全てを相続します。

ただし、本当に配偶者のみが相続人なのかどうかは慎重に確認しておく必要があります。

遺産相続事例 〜配偶者のみが相続人と誤解するケース〜

相続人が配偶者のみと思い込んでいて、実はそうではなかった例を挙げておきます。

前妻の子がいる場合

親に前妻の子がいる場合

養子の実親

親が養子の場合

家族構成は多種多様です。全ての例を挙げることは出来ませんので、上記の例で判断できない方は、個別に専門家にご相談ください。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留