遺産相続.com

相続人・相続割合 〜配偶者がいない場合〜

配偶者がいない場合、相続人の確定は比較的シンプルです。

配偶者がいない場合の相続の優先順位は、子等の直系卑属→親等の直系尊属→兄弟姉妹、甥・姪となります。

例えば孫と親が同時に相続人となる、というな事はありません。子や孫がいる限りは親や兄弟に相続分は発生しませんし、親や祖父母等が健在であれば兄弟姉妹には相続権は発生しません。

尚、ここでの配偶者とは、入籍した正式な妻を指します。内縁の妻に関しては、社会保障の意味合いでは随分保護されるようになってきていますが、相続権はありません。内縁の妻しかいない場合は、ここに分類されます。

遺産相続事例 〜配偶者がいない場合〜

具体的な家族構成を例に挙げて、実際に相続割合を計算します。

子や孫等がいる場合

子や孫等がいなくて親や祖父母等がいる場合

直系親族が誰もいなくて兄弟姉妹がいる場合

誰も相続人がいない場合その1

誰も相続人がいない場合その2

家族構成は多種多様です。全ての例を挙げることは出来ませんので、上記の例で判断できない方は、個別に専門家にご相談ください。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留