遺産相続.com

遺産分割協議

身内が亡くなった時、相続人が1人である場合の他は、遺産分割協議をする必要があります。

遺産分割協議とは、誰がどの遺産を受け取るかを相談することです。単に「2分の1ずつ」と決めるだけで終わりという事にはなりません。全てが現金であれば良いですが、不動産や有価証券、生命保険の受取金や退職手当金など、遺産には様々なものがあります。評価が確定的でないものや、相続税やその後の税負担に差が生じるものもあります。

全く同じに2分の1ずつに分ける、という事は、思いのほか難しいと言えます。遺言があれば比較的もめ事は少なくなるように思いますが、よく考えずに書かれた遺言であれば、遺言通りに相続すると全員が損をするという事もあります。その様な場合は改めて相続人同士で一から分け方を考えなければなりません。遺言を書く場合にも、配分を数字で考えるだけでなく何をどう分けるのかを考える必要があります。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留