遺産相続.com

遺産相続が開始 その時・・・

相続放棄・限定承認

遺言

遺留分

遺産分割

遺言執行者

遺産相続.com

TOPへ戻る

リンクについて

免責事項・プライバシーポリシー

管理人へ連絡する

相続放棄・限定承認

相続と言えば、お金が入ることだけをイメージされる方も多いと思いますが、プラスの財産だけでなくマイナスの財産つまり借金も相続します。

財産よりも借金の方が多い場合、相続放棄の手続きを取れば財産を相続しない代わりに借金を引き継ぐこともなくなります。財産がプラスかマイナスかハッキリしない場合、「マイナスにならない範囲で相続します」という、限定承認という相続人にとって非常に都合の良い選択をすることも出来ます。

手続きは3ヶ月以内

ただし、限定承認に関しては、相続人のうちの1人だけが手続きをする等は出来ません。限定承認の手続きは相続人全員が共同で手続きをする必要があります。また、限定承認も相続放棄も、原則として亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に手続きをする必要がありますので、決断は早くしなければなりません。

相続放棄で泣きを見る

ちなみに借金に関しては、団信と呼ばれる生命保険が掛けられている場合がよくありますので注意が必要です。遺産が1000万あるものの住宅ローンの残りも1500万あるため、トータルがマイナスになるからと相続放棄をして、後で生命保険で住宅ローンが清算された事を知っても後の祭りです。

生命保険には要注意

生命保険は、被保険者や受取人が誰になっているか、掛け金は誰が負担していたか等によって、相続財産になる場合とならない場合があります。それによって適切な判断は異なってきますので、保険証券を確認の上、慎重に対応する必要があります。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留