遺産相続.com

遺産分割

遺産相続は、最終的には相続人同士の話し合いで決着します。

法定割合も遺留分も遺言ですら、相続人同士で話し合いがまとまらない場合のルールにすぎません。例え遺言で決められたことであっても、相続人同士が違う分け方を望めばそれでも構わないのです。

ですから、遺産相続で最終的に最も大事なのは遺産分割の話し合いです。

相続でもめる理由

相続人同士はお互い身内同士のはずです。それなのに何故こうまで相続はもめるのでしょうか。

遺産が全て現金であればそこまでもめることもないでしょう。しかし必ずしも遺産が現金や預貯金であるとは限りません。例えば不動産の場合、その価値基準には時価と評価があります。通常、財産として考える場合は時価で判断しますが、税金などはそうとは限りません。時価で均等に分けた場合でも、税金の負担は必ずしも均等ではなく不公平感が生じる場合が少なくありません。

実際に住んでいる家などであれば、時価や評価とは別に、住人としての権利・義務も絡んできます。財産が家1軒しかなく、相続人のうちの1人が住んでいるような場合、家を処分して現金にして分割するのか、家を処分せずにそこに住んでいる相続人が他の相続人へ相続分の相当分を現金で支払うのか、またその現金が用意できない場合どうするのか。

同じ物でも相続人によって価値が違ってくる物もあります。そうした様々な事情を含めて円満に解決するには、少なからず譲り合いの気持ちが不可欠となってきます。

また、話し合いがまとまった場合、遺産分割協議書として書面にする事が大切です。後からやっぱり・・という事もないとは言えませんし、遺産分割協議書を作成していないと、名義変更など、出来ない手続きが出てきます。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留