遺産相続.com

遺産相続で遺族を困らせないために

遺産相続のルールブック

遺言の効力

遺言の方式

遺産相続.com

TOPへ戻る

リンクについて

免責事項・プライバシーポリシー

管理人へ連絡する

遺言の方式

遺言の方式は、大きく分けて4種類あります。それぞれのメリット等を簡単に解説しておきましょう。

自筆証書遺言

遺言の全文と日付と氏名を自筆して押印することによって有効と認められる遺言方式です。

遺言の方式としては最も簡単な方法ですが、簡単なだけに遺言を書いたという証拠に欠ける部分があり、仮に相続人の誰かが処分してしまっても、確かに遺言が存在していたという立証が出来ず、結局遺言の内容を実現出来ないという不安が残ってしまいます。

遺族のトラブル予防という意味では、片手落ちの遺言書であると言わざるを得ません。

公正証書遺言

遺言に残す内容について、その趣旨を公証人に伝え、公証人に遺言書を作成してもらうものです。内容に間違いがないか公証人のチェックを受ける上、作成された遺言書は公正証書ですから、公証役場に副本が残ります。遺言書が有効であることのお墨付きが得られ、遺言書の存在の有無や、その内容についても公的な記録が残るため、トラブル予防としてこれほど安心できるものはありません。

秘密証書遺言

この遺言方式も公証人によって完成する遺言です。ただし遺言書を作成後、封印をしてから公証人に提出しますので、内容などのチェックは行われません。また、公正証書ではありませんので副本の保管もありません。ですから公証役場に内容の記録が残るわけではありませんので、やはり破棄された場合などはトラブル防止の効果はないと言えます。

どうしても秘密の遺言書を残す必要があればやむを得ない場合もあるかも知れませんが、遺言書を秘密にする方法は他にもあります。公正証書遺言とは違い、検認や開封も必要ですので、自筆証書遺言と比べても特にメリットとなる点は見当たりませんので、秘密証書遺言はあまりおすすめ出来るものではありません。

特別の方式

以上3方式が通常の方式ですが、「死亡の危急に迫った者」、「伝染病隔離者」等、通常の方式による遺言が難しい様なケースを想定して、特別の方式による遺言が認められています。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

相続Q&A 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留